サプリメントは飲むべきか?

サプリメントは飲むべきか?

女性

今まで、あまりサプリメントとは縁のない生活を送ってきました。体に必要なものは、食事で摂るのが一番いいという考えでした。ところが最近40代後半にさしかかり、「目」の悩みを感じ始めています。

 

もともと視力には自信があり、実家の家族の中でメガネのお世話にならなかったのは私だけだったので、自分の見え方を気にしたことはありませんでした。なので、編み物をしたり本を読んだりと、趣味を楽しむ中で見えにくさを感じ始めて、少々戸惑っています。そんなわけで、「目」のサプリメントに興味を持ち始めました。いわゆるアントシアニンを含んでいる商品です。

 

なぜなら…どうしても老眼鏡をかけたくないのです。かけたら負けな気がするのです。もし、サプリメントで見え方がホントに向上するなら、それに頼りたいと思ったのです。ブルーベリーに含まれる成分が、目にいいということはよく聞いていましたが、それを食事で摂りきるというのは難しいですよね。サプリメントで摂る良さは、その成分だけをピンスポットで摂るというところにあるのでしょう。

 

アントシアニンを含む商品の種類も多いようで、消費者の側は、選択の幅がありますね。通販でよく見かけますし、ドラッグストアなどでも手に入るものがあるので、始めようとすればすぐにでも始められるのですが…ブルーベリーやそれを上回る「目」のための成分が含まれていると言われたら、必要なのはわかっています。

 

でも、始めることをためらう理由もあります。もし効果を感じられなかったら、次の手は老眼鏡しかありません。効果が出なかったときのことを考えると、不安になります。また、処方薬とサプリメントの違うところは、症状が改善されたらおしまいではないというところです。摂り始めたらずっと摂り続ける。そのことにストレスを感じないかという心配もあります。

 

どちらも取り越し苦労なのでしょうが、とにかく、今まで全くサプリメントのお世話になったことがないので、こんな考えにもなるのでしょう。隣で新聞を読みにくそうにしている旦那から、試させてみようかなぁと思う毎日です。

目が疲れるのでブルーベリーサプリを験しました(男性/60代)

女性

今から20年ほど昔です。当時、大阪市内の予備校で教師をしていたのですが、大阪府下から三重県の田舎に引っ越したために、通勤時間が長くなり、仕事柄も目を酷使するので、老眼の気配が感じられたのです。そこでブルーベリーサプリを験しました。

 

商品の名前は忘れましたが、半年ほど飲み続けたのです。そのせいか、電車の中で本を読んでいても、途中で読みにくくなるということはありませんでした。私は純然たる健康のためにはじめたのですが、女房や女性らに先生の目がきれいになったといわれて驚いたものです。もっとも、それ以前より、自分ではハンサムとは思っていませんでしたが、人相の悪い顔だとも思っていませんでした。

 

しかし、そのような見方をするのです。女性たちは。しかし、その後、大阪の教室まで通うより、奈良の教室に変えてもらった結果、目の疲れも少なくなり、自然にブルーベリーに頼ることもなくなりました。しかし、そのとき以来、毎朝毎晩、目を洗浄することは欠かしていません。何よりも、目の運動をしています

 

今でも、思い出したようにブルーベリーを買ってきて飲んでいますが、やはり、ブルーベリーを飲んでいると目の調子がよいです。67歳の今でも老眼レンズをかけることは少ないです。家の中では老眼鏡をかけていますが、外ではめがねはかけていません。何よりも、私自身、忘れん棒でめがねをよくなくします。そんなわけで教室でも、電車の中でもめがねなしで本を読んでいます。

 

 そして、時たま、女房や生徒らの言った言葉を思い出します。「先生の目がきれい」、これは運動選手の体の線がきれいなのと同じなのではないでしょうか。目をよく使う、あるいは目が健康な人は目がきれいなのではないでしょうか。わたしは、元々中学時代から、よく結膜炎にかかり、眼医者に通ったものです。

 

その私が、健康な目になり、他人からきれいな目をしているといわれているのです。70歳直前になった今も、これはブルーベリーのおかげかも知れません。思わぬ「怪我の功名」ですかな。、

杜仲茶で体の調子を整える(女性/30代)

女性

以前より時々杜仲茶を飲んでいます。ルイボス茶やプーアール茶、どくだみ茶、たんぽぽ茶なども飲んだことがありますが、そのような健康茶の中では、杜仲茶は味に癖がなくて飲みやすいと思います。烏龍茶やほうじ茶が苦手でなければ、特に抵抗なく飲めるでしょう。

 

私の家族は中国茶全般の味が苦手らしいのですが、杜仲茶はなんとか飲めると言っています。杜仲茶はわりとメジャーなので、高価なものから安価なものまでありますが、個人的な感想としては味が少し違うように思います。効能の差についてはわかりません。私は安価な製品を飲むことが多いです。ティーパックを煮出して熱いまま飲んだり、冷やして飲んだりします。

 

味だけで言えば、熱いお茶の方が杜仲茶独特の風味が抑えられて、より飲みやすいような気がします。冷たくすると、私は少し苦味を感じます。この杜仲茶を飲んだもともとの目的は、揚げ物が好きでたくさん食べてしまうので脂質の吸収を和らげたいと思ってのことだったのですが、その目的だとプーアールの方がいいようです。

 

しかし、予定していなかったことなのですが、杜仲茶を飲み始めてから肌の調子がよくなったような気がして杜仲茶の効能を改めて調べたところ、体内の毒素を排出するデトックス効果と美肌効果があることがわかりました。私は軽度のアトピー性皮膚炎で、湿疹が出たときにはお薬を塗ったりもしているので、100%杜仲茶の効果かというと、それはわかりません。

 

でも、感覚として、杜仲茶を飲んでいるときはそれ以外のときに比べて肌の調子がいいように思います。それだけではなく、体全体の調子もいいような気がします。肌以外に何ということはないのですが、けだるさがなくて、いつもよりも快調に動けるように思います。ですので私の経験上は、杜仲茶は特定の何かに効くというよりも、体全体の調子を整えるお茶だと言えます。

 

今後も、体が少し不調だなと感じたときには、杜仲茶を飲んで体の調子を整えたいと思っています。